地元、長崎 雲仙の生産者と食材にこだわった

 

雲仙ワッフル

ブルーベリー、いちご、じゃがいも、

お茶、ミルク、さつまいも

雲仙の6つの恵みをいただきました

「雲仙ワッフル8個」 

1,296円(税込)



無農薬で肥料も使わず、水やりは涌水のみという

長崎雲仙ブルーベリー園  「森のよろこび」さんのブルーベリー、

自然の中ですくすくたくましく育ちます。

橘湾を望む標高90mの丘の上に広がる畑は、

農園主の中村さんご夫婦ふたりで

機械を使わず一から人力で作り上げたもの。

そんなこだわりのブルーベリーをフレッシュジャムにして

生地にも混ぜて作りました。


無農薬・無肥料のこだわり栽培 

雲仙ワッフル「雲仙産ブルーベリー」 



幸せの香り「幸の香」と書いて「さちのか」

深紅の「さちのか」は長崎特産のいちごです。

酸味のバランスがよくビタミンCも豊富

こちら雲仙市小浜町のいちご農家の宮崎さん

いちごを作り始めて30年、自分の作り方が出来てきたところだそうです。 そんな雲仙産の「さちのか」を自社でフルーズドライの粉末にして

生地に練り込み、フレッシュジャムにしていちご生地でサンドしました。


みんな大好き!

雲仙ワッフル「雲仙産いちご」 



長崎県はじゃがいも生産量全国第2位

その中でも味に定評があるのが 雲仙市小浜町北串産のじゃがいもです

こちら、じゃがいも農家の宅島さん

肥沃な土壌の北串地区の畑地はじゃがいも栽培には最適だそうです。

そんな宅島さんが作るじゃがいもを 小浜温泉の潮湯で

ほくほくに蒸しあげ 白餡と混ぜてホイップクリームと二層に

生地も温泉のお湯で練って焼き上げました。


雲仙温泉の恵みもたっぷり

雲仙ワッフル「雲仙産じゃがいも」 



雲仙北麓の瑞穂町で作られているお茶は

グリ茶(蒸製玉緑茶)と呼ばれ、まろやかな味わいが特徴です。

昭和10年頃から標高200mの畑でお茶の栽培を始めた長田製茶さんは、

よりまろやかな味わいを追求しています。

そんな長田製茶さんのお茶を粉末にして

ホイップクリームと生地に混ぜ込みました。

生地には小浜温泉の潮湯も入っています。


ほろ苦風味で大人の味わい

雲仙ワッフル「雲仙産雲仙茶」 

129(税込)



雲仙の大自然の中で良質な涌き水を飲み、

のびのびと育った牛からとれた牛乳は、

ミルク本来の甘みと濃厚な味わいが特徴。

雲仙市小浜町のパインテールファームの松尾夫妻は、

35頭の乳牛を育てながら おいしいチーズ作りをしています。

そんな貴重なミルクを生クリームにして

ホイップクリームと混ぜ合わせ

ふんわりワッフルの生地でサンドしました。


甘くて濃厚な牛乳が決め手!

雲仙ワッフル「雲仙産ミルク」 



島原半島では昔から水はけのよい火山灰土の畑で

サツマイモ栽培がさかんに行われてきました。

ワッフル用のサツマイモは雲仙市小浜町の農家、

小原さんに お願いして特別に作ってもらっています。

そんな小原さんのおいしいさつまいもを小浜温泉の潮湯で

ほっこり蒸しあげ ホイップクリームと混ぜ合わせました。

味のアクセントにパリパリの板チョコも 生地も

潮湯で練って焼き上げています。


パリパリのチョコがアクセント!

雲仙ワッフル「雲仙産さつまいも」